WILLER TRAVEL

2011年07月30日

北の大地へU+6.8002列車北陸本線を疾走

20110703_tsuruga.jpg直江津から北陸本線に入ります。今回は7:30からの快を予約したので見慣れた富山県内の風景を見ながらの朝食となりました。朝食はパン派のKissyは迷わず和食をチョイス。再び往復でトワイライトエクスプレスが取れたら往復で和洋といきたいところですね。食後は珍しくコーヒーではなくレモンティーを選択。紅茶の味はよくわからないのですがこちらも品のあるお味のようです。

続きを読む
posted by Kissy at 11:34| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 01b.北の大地へ第2章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

北の大地へU+5トワイライトエクスプレスの朝

20110702_head.jpgダイナープレヤデスのパブタイムでエビピラフを美味しくいただき部屋へ戻りました。残っていたワインを飲み干し、一気に就寝体制に入ります。Twitterでフォロワーさんたちと軽くやり取りをしながら道内で買った「ほか移動の鉄道史」を一気に読み進めました。タイトルどうり北海道の鉄道の開拓からの歴史を語る資料。北海道の鉄路のファンなら必携なのかもしれません。

列車は奥羽本線を南に走っています。列車の揺れと、ワインのアルコール、北海道の鉄道資料を読みふけるうち適度な睡魔がやってきました。その睡魔に合わせて身体を横たえました。

続きを読む
posted by Kissy at 09:14| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 01b.北の大地へ第2章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

北の大地へU+4パブタイムで夕食を

20110702_ebipirafu.jpg7月上旬のトワイライトエクスプレスは北海道内、函館本線五稜郭あたりまでは明るい時間帯を走ります。江差線・海峡線あたりまで来るとちょっと暗くなります。前回のトワイライトエクスプレス乗車では往復ダイナープレヤデスのディナーコースという超贅沢コースをやっちゃっているので今回は夕食はパブタイムでというちょっと節約(金額的にはそうでもないかも?)コースを選択しました。

続きを読む
posted by Kissy at 00:12| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 01b.北の大地へ第2章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

北の大地へU+3トワイライトエクスプレス疾走中

20110702_oonuma.jpg札幌駅を定刻に出発したトワイライトエクスプレス。A個室ロイヤルのウエルカムドリンクの白ワインで乾杯したあとはソファーでのんびり。流れゆく北海道の景色に名残を惜しみます。ほどなく食堂車・ダイナープレヤデスからティータイムの営業の案内があったので早速出撃。前回乗車と同様、デザートとコーヒーのセットをオーダー。2度目の上り乗車にしてすでにティータイムの定番となりました。

苫小牧を過ぎたあたりから車窓は摩周湖でもないのに霧がたたずんでします。(笑)そして東室蘭では国鉄色に戻った711系の姿が!!ちょうど前日の同じころ、東室蘭に来ていたのに…。国鉄色の711系の情報は今回の渡道時に聞いてはいたのですが運用を追うこともせず・・・。車窓越しとはいえ見ることができたのはラッキーでした。しかい逆に見てしまったことで追ってみたくなり・・・。恐るべし北海道の魔力!!!

続きを読む
posted by Kissy at 11:49| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 01b.北の大地へ第2章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

北の大地へU+2トワイライトエクスプレス乗車

20110702_welcom.jpg13時50分、寝台特急トワイライトエクスプレス大阪行きは札幌駅に定刻に入線しました。奥羽本線の大雨で前日の同列車は五稜郭始発に変更等の情報も入っていたので始発駅からの乗車ができまずは一安心です。

初回乗車時に対向ホームからの画像は撮影していますので今回は乗車ホームから。札幌駅からはDD51 1138号機と1093号機の重連で五稜郭駅まで連れて行ってくれます。そして客車は3番編成。前回乗車の際、大阪駅から札幌駅まで下りで乗車した編成が今回の担当です。

続きを読む
posted by Kissy at 11:43| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 01b.北の大地へ第2章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

北の大地へU+1帰路のメイン前に…

20110702_lunchi.jpg2回目の北海道旅行もあとは帰り道「トワイライトエクスプレス」の乗車を残すのみとなりました。「トワイライトエクスプレス」の札幌駅発車時刻は14時05分、通常のビジネスホテルチェックアウト時間だとちょっと時間をもてあまします。そんなとこに「レイトチェックアウトサービス」、カード会員になっていると13時までのレイトチェックアウトが無料に!そりゃあレイトチェックアウトにするでしょう。これでだいぶ気分が楽になりました。

続きを読む
posted by Kissy at 11:09| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 01b.北の大地へ第2章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

北の大地へUS札幌で思わぬひろいもの?

20110701_jaga.jpg岩見沢で室蘭本線を完乗し、前日と同じスーパーカムイで札幌に戻ります。時間の関係でUシートが確保できなかったのでなんとか自由席の空席を見つけました。今思えば区間快速石狩ライナーでもよかったかなと…(笑)

この日は大きな荷物は宿に置いているので札幌駅をうろつけます。まずはTwitterのフォロワーさんから札幌駅では赤い青春18切符が売っているとの情報で、いつもは奈良線で買っている18きっぷですがここは北の国発行のもいい記念だと思い購入、窓口で18きっぷくださいといったら紙のですね〜とあっさり出てきたのには肩すかし(笑)でした。(また18切符で旅に出れます・・・)

続きを読む
posted by Kissy at 16:45| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 01b.北の大地へ第2章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

北の大地へUR室蘭本線も完乗へ

20110701_oiwake.jpg室蘭本線の室蘭支線にのった真意は…?室蘭駅から長万部行き(長万部にも行きたかったのですが)で東室蘭へ。東室蘭からは再びの183系北斗号で苫小牧までやってきました。そう、苫小牧からは室蘭本線のローカル区間ともいえる岩見沢ゆきのローカル列車に乗車、室蘭本線の完乗を目指します。

沼ノ端から千歳線と分岐しますが沼ノ端をでてしばらくは千歳線の下りと3線状態で走ります。そう、旅客列車はわずか9往復の路線ですがなんと複線!という豪華設備です。かといって貨物銀座かというとそうでもないようでこちらも室蘭支線と同様かつての石炭輸送の名残のようですね。

続きを読む
posted by Kissy at 16:24| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 01b.北の大地へ第2章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

北の大地へUQ183系北斗・室蘭

20110701_DC183hokuto.jpgスーパーとかちで南千歳に向かい今度は東室蘭まで「北斗」に乗車します。「スーパー」のつかないほうの183系北斗です。ハイデッカーのグリーン車にも興味はありましたが今回は指定席で…。183系自体は「オホーツク」や「サロベツ」で乗っているので今回は移動手段。東室蘭を目指したのは室蘭までの支線を乗りつぶします。

続きを読む
posted by Kissy at 13:07| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 01b.北の大地へ第2章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

北の大地へUP夕張へ・・・

20110701_DC40yuubari.jpg新夕張からは単行のディーゼルカーに乗って炭鉱で栄えた夕張を目指します。北斗星で食べた夕張メロンゼリーがおいしかったので(笑)、ま北海道乗りつぶしの一環ですけどね。たしか以前は夕張線といわれていたこの区間も今では石勝線の支線扱いとなってしましました。

新夕張から夕張まで16.1kmを26分かけて走破します。新夕張では多数(といっても10数人)乗っていた乗客も終点夕張まで乗車したのはKissyを含めて2名でした。さっすが財政破綻都市・・・?といってしまっていいのでしょうか・・・・。震災復興のために増税とか行っていますがたとえば道州制に移行してこういった土地の余ってるところに政府機能を分割していけば地方都市の再生にもつながるのかな?とちょっと慣れない頭を使ってみました。

続きを読む
posted by Kissy at 12:37| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 01b.北の大地へ第2章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

北の大地へUO結局寝坊パターンでスーパーとかち

20110701_mimijiyama.jpg北海道周遊シリーズ、4月に続いて2回目の渡道。今回第2章のメインはいわば道央十勝のタウシュベツ橋梁でした。目的を果たし札幌に戻りいわば予備日の日程、早起きパターンとお寝坊パターンを用意していたのですが前夜早寝していたけど結局お寝坊パターンでの行動となりました。

まずは札幌駅からスーパーとかち3号に乗車します。あれ?北斗星降りた後も乗りましたね(笑)。乗車後おめざ。7月からの限定オレンジクリームパンとコーヒーは定番になりましたね。

続きを読む
posted by Kissy at 11:53| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 01b.北の大地へ第2章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

北の大地へUNスーパーカムイで札幌へ

20110630_789kamui.jpg「ノロッコ富良野・美瑛6号」は美瑛からは快速運転で旭川に到着しました。旭川からは「スーパーカムイ」で今日の宿泊地札幌に向かいます。停車中のスーパーカムイ40号は789系1000番台のトップナンバー編成でした。

こちらも指定席Uシートを準備。そう、Uシートの電源狙いです。そろそろXperiaの電源が気になってくる頃。北海道の列車は乗車時間が長いからか比較的電源事情がいいのもうれしいですね。

続きを読む
posted by Kissy at 11:14| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 01b.北の大地へ第2章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

北の大地へUM富良野・美瑛ノロッコ号

20110630_norokko.jpg富良野にやってきたのは第1章に引き続き2回目です。しかし今回も街めぐりはなし…。今日のメインは富良野線の「富良野美瑛ノロッコ号」に乗車するために富良野にやってきました。富良野駅に到着すると側線に「富良野ラベンダーエクスプレス」(クリスタルエクスプレス)が停車中。一瞬こっちも…でしたが、すでにノロッコ号〜スーパーカムイの指定を取ってあるのでまたの機会(またくるんかい!)に…。乗り換えに若干の余裕時間があったので待合室でそばと水分補給を行いました。

続きを読む
posted by Kissy at 21:49| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 01b.北の大地へ第2章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

北の大地へUL根室線、完乗へ。

20110630_nunobe.jpg新得駅から滝川ゆきの普通列車に乗車。例によってキハ40型、単行運転です。新得をでるとまずは石勝線との供用区間、Ωカーブ、というかジグザグ走行ですね。走行中の列車からはジグザグのレールは見えないのですがエクスぺリアのGPS機能で地図を見ながら乗車するととてもわかりやすくループ線を上って行くのがわかりました。

トンネルの中で石勝線と別れ純粋な?根室線区間へ。新得出発が14時17分、何度かか信号所でゆき違いのための停車はありましたが、新得を出て最初の停車駅落合駅に到着が14時52分と35分ぶりに駅に到着です。やっぱり北海道はスケールが違いますね…。

続きを読む
posted by Kissy at 21:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 01b.北の大地へ第2章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

北の大地へUK根室線を北へ

20110630_butadon.jpg帯広駅でレンタカーを返したあとは上り列車の待ち時間に駅構内にあった食堂で帯広名物ともいえる「豚丼」を昼食にいただきました。北海道というと放牧されているお馬さんや、牛さんが有名ですが十勝地方では養豚も盛んで「郷土料理」ともいえるのだそうです。

この日は根室線を北上、帯広から富良野を目指します。普通列車で目指してもいいのですがせっかく「北海道フリーパス」で特急自由席がフリーパスなので「スーパーとかち」の自由席を狙っていたのですが、1本速い「スーパーおおぞら」の自由席にも空席が見えたのでおおぞらに乗車しました。その分新得駅での乗り換え時間が多くなりました。

続きを読む
posted by Kissy at 20:12| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 01b.北の大地へ第2章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

北の大地へUJ足寄より…

20110630_ginga.jpgさて今回のメインでもあるタウシュベツ橋梁・旧士幌線のアーチ橋群。書きたいことは山ほどありますが再訪を願って今回はこの辺で。糠平温泉はちょっと熱めのお湯でした。普段はぬるめのお風呂がお好みのKissyなのであまり長湯もできず・・・しっかし身体の芯まであったまりひっさびさに熟睡できたかんじです。翌朝は宿をチェックアウトした後軽く前日の復習。そして展望台からタウシュベツ橋梁を見学した後帯広に戻る前に少し寄り道してみました。

寄り道をしたのは「足寄」、旧池北線、北海道ちこく高原鉄道ふるさと銀河鉄道の主要駅ですが、Kissyの世代にとっては松山千春さんの出身地って言うほうがおおきいのかも?そして日本一ひろい「町」なんだそうですね。当然前日からレンタカーでのBGMは松山千春さんや中島みゆきさんなど北海道アーティストの曲をセレクトして聞いていました。

続きを読む
posted by Kissy at 13:44| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 01b.北の大地へ第2章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

北の大地へUIタウシュベツ橋梁見学ツアー

20110629_tau2.jpgタウシュベツ橋梁は対岸の展望台からは誰でも見ることができるのですが、NPOひがし大雪自然ガイドセンターさんの主催するアーチ橋ツアーに参加すると一般ではなかなか入ることのできない林道を通って橋梁のすぐ近くまで行くことができます。今回、直前に連絡し、他の参加者もいなかったのですがわざわざ私のために見学ツアーを行っていただけました。集合場所で申込書を記入し参加費を支払ったら長靴の貸出。いきなり「本格的!!」。ガイドさんと4WD車に乗り込み林道に向かいます。車中では軽く自己紹介とタウシュベツ橋梁・アーチ橋群の概要を説明していただきました。

林道のかぎを開けていよいよタウシュベツ橋梁へ近づきます。途中士幌線旧旧線のあとなども説明を受けながら最初のスポットへ。車を降りたら長靴にはき替えクマよけの鈴ももて橋梁へむかいます。まずは「フルームーン」のポスター写真を撮影したというスポットに連れていっていただきました。アーチ橋と湖、バックの山々がとてもいい感じでした。

続きを読む
posted by Kissy at 12:05| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 01b.北の大地へ第2章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

北の大地へUHタウシュベツ橋梁

21220629_tau1.jpgさていよいよ今回の北海道旅行、メインともいえるタウシュベツ橋梁です。タウシュベツ橋梁は国鉄時代の赤字ローカル線であった士幌線にかかる橋梁です。しかしこの士幌線もダム湖である糠平湖の建設により路線が切り替えられており廃止された士幌線のさらに旧線区間にあった橋梁です。

この士幌線にはおもに路線と並行して流れる音更川に大小さまざまな橋梁があったのですがその橋梁には最小さまざまな形態のアーチ橋が多用されており第1回北海道遺産にも指定されています。

続きを読む
posted by Kissy at 19:33| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 01b.北の大地へ第2章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

北の大地へUG糠平温泉へ

20110629_nukabira.jpgスーパーとかち3号は石勝線から根室線へ入り終点帯広まで到着しました。帯広ではレンタカーへ乗り換え本日の宿泊地糠平温泉を目指します。当日の帯広の気温はなんと30℃!どうやら暑さを連れてきてしまったようです。しかし大阪の30℃と違い湿度が少ないのでからっとしていて「蒸し暑さ」ではないのでそんなに30℃という気温は気にはならなかったです。

帯広から国道を北上して糠平を目指します。北海道の道路は本当にまっすぐですね。面白いくらいに一直線です。音更、士幌となんか北海道らしい地名の街を走り抜けていきます。上士幌から糠平方面へ進路を変えると若干山道になってきます。途中「音更第3橋梁」と書いた看板があったので気になって停車してみましたがあまり分からず…。

続きを読む
posted by Kissy at 10:04| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 01b.北の大地へ第2章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

北の大地へUFスーパーとかち

20110629_shintoku.jpg「北斗星」は南千歳で下車、南千歳からは石勝線の特急、「スーパーとかち3号」に乗車します。南千歳ではわずか6分の乗り換えです。「北斗星」のおはよう放送で約6分の遅れと聞いていたので内心冷や汗もんでしたが函館での機関車付け替え、そしてスーパー北斗の退避時間等で東室蘭時点で遅れは解消していたので一安心でした。

このスーパーとかち3号、札幌発がいい時間なので自由席は厳しいと思い指定券を前日上野駅で調達しました。今回も「北海道フリーパス」なのでJR北海道の窓口だと6枚まで無料で指定がてれますが東日本の窓口だったのでつい、グリーンを…。まぁ北海道に行ったら1回はグリーン車のっとかないとね(笑)

続きを読む
posted by Kissy at 13:10| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 01b.北の大地へ第2章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
エプソンダイレクト株式会社

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。