WILLER TRAVEL

2012年11月22日

【映画情報】旅の贈り物 明日へ

DSC00694.JPG福井県を舞台にした映画「旅の贈り物 明日へ」を見てきました。鐵視点で見ればながらく休車状態だった?489系ボンネット編成が今春突然北陸路を動きだし騒然となりました。どうやら映画の撮影、そうまさしくこの映画の撮影で489系ボンネット編成が奇跡の復活を遂げたのでした。その後489系は一部車両を残して廃車となり、まさしくボンネット特急最後の花道の映画なのです。

映画の舞台となった福井ではロングラン上映中ですが、京都では明日23日が最終日ということで慌ててみてきました。ネタバレとなるので映画のストーリーにはふれませんが、主演の前川清さんがいい味を出しています。昨年公開された「Railways〜愛を伝えられない大人たちへ」とは違い、鉄道を全面に押し出しているわけではないのですが、489系ボンネット編成による特急雷鳥だけでなく福井の鉄道も随所に出てきます。

一部鐵道ファン視点で見るとダウトっぽところもありましたが、現代のシーンでボンネット雷鳥に乗車しているところもあるくらいなので、そういうもんだと理解しておきましょう。ストーリーは心温まるいいお話だとだけ、そして年をとると涙もろくなりますね、目頭が熱くなるシーンもありました。

ちょうど4月に所要で石川県に行った際に489系ボンネット編成の団体臨時列車〜この映画のロケ列車に遭遇したこともあり、福井駅への入線シーンをはじめとした489系の登場シーンなどは鳥肌が立ってしまいました。春のシーンが多いところから春になったら福井にソースカツ丼でも食べに行きたくなりました。

鉄道コムで「489系ボンネット」を検索
posted by Kissy at 22:56| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
エプソンダイレクト株式会社