WILLER TRAVEL

2014年03月08日

【おさんぽ鐡】まもなく閉館、交通科学博物館へ行ってきた

_DSC4643.JPG弁天町の交通科学博物館、かつての交通博物館とならんで旧国鉄が運営していた鉄道を中心とした博物館です。大阪環状線弁天町駅に隣接した交通科学博物館はJR西日本に引き継がれ運営されてきましたが京都・梅小路に新設される京都交通博物館に引き継がれれるためまもなく閉館となります。子供の頃から何度となく見学に訪れていますが閉館前にもう一度見学してきました。

交通科学博物館といえば初代新幹線0系のイメージが強いんですが開館当初は歴史的な展示よりも現代、未来の乗り物を中心とした展示をしていたそうです。そういわれてみれば宮崎実験線のリニアモーターカーML500なんかも展示してあるのが頷けます。

交通科学博物館の見物としてもうひとつ、HOケージの大レイアウト。JR西日本の車両だけでなくJR東日本のE5系なんかもレイアウト上に設置してあります。1日に何回かの運転実演があるのですがこれが自動ではなくオペレータの方のオリジナルプログラムだとか?みとうしのよくもないような操作卓からみごとな操縦には見とれてしまいました。

京都に新設される博物館に移設されるものが多いとはいえ弁天町では残り少ない開館期日。残りわずかの日数になり平日でも混雑しているようです。さよなら企画として普段は未公開の展示物も公開されているようなのでもう1回くらい足を運んでみたいかもしれません。

鉄道コムで「交通科学博物館」を検索
posted by Kissy at 18:16| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ鐵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
エプソンダイレクト株式会社