WILLER TRAVEL

2015年02月22日

【地方鉄道活性化】若桜鉄道、SL走行の社会実験実施

_DSC6578.JPG鳥取県の山間の第3セクター若桜鉄道。国鉄時代に若桜線として開業しJR化後に第3セクターとして開業した典型的なローカル線です。国鉄時代に若桜線で活躍したSL(C12 167号機)を構内でスチーム駆動させていつかは観光列車として本線走行させたいと活動されているのは一昨年夏に初訪問した際、当ブログでも紹介しました。そしてついにSLが本線走行するとの情報が発信されました。

若桜鉄道SL・DL走行鳥取県発地方創生イベント

今回の運行はSLは無動力でDLに引かせ、線路閉鎖をかけて列車ではなく機械扱いでの運行。お客さんは乗せられないのでかかし(若桜鉄道の駅にはかかしがたくさん!)をのせて運行のようです。代行バスを出して線路閉鎖をかける時間帯の列車は運休してしますチカラの入れよう。これは注目せざるを得ません。

昨年公募社長として山田和昭社長が就任され、若桜谷観光号やガイドブックの発行など矢継ぎ早に新施策を実行され長年の写真さんたちの夢でもあったSLの本線走行を実現されるとはその行動力、指導力には感服させられます。頑張る地方鉄道の応援を標榜する当ブログとしても勝手に応援させていただきます。

最近は関東方面の写真家の皆さんと多く交流させていただけていますが今回は西でのイベント。関東からのみなさんをおもてなしできるよう、まずは4月にむけてなにか行動できないか情報収集と整理をしていきたいとおもいます。当ブログでも随時情報発信していきます。

鉄道コムで「若桜 SL」を検索
【若桜鉄道】C12形蒸気機関車の無火走行運転による社会実験を実施(H27.4.11)〜阪和線の沿線から
posted by Kissy at 10:07| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 地方鉄道活性化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
エプソンダイレクト株式会社