WILLER TRAVEL

2017年03月26日

【のんびり若桜】E帰路も1600円バスでびゅい〜んと

DSC_0340.JPG2日間にわたる日本交通1600円バスで行く若桜・鳥取の旅、すべてのミッションを終えて帰路につきます。帰路も日本交通バス鳥取大阪線に乗車、若桜バス停から大阪なんばOCATバスターミナルを目指します。鳥取ゆきの高速バス若桜バス停は若桜駅裏、道の駅真ん前、大阪行きは対向車線になりますがバス停ボックスもあり雨雪の際も多少の風雨は防げるようになっています。

ほぼ定刻にやってきたバスに乗車。若桜バス停からの乗車は私を含めて4人程度。若桜バス停でほぼ満席ななる乗車率、日曜午後に大都市に向かう便なら頷けるくらいなのでしょうか?バス乗車後は旅の概感や、旅でお世話になった方への挨拶メールをしているうちに峠を越え中国道、休憩のサービスエリアまではあっという間という感じでした。

中国道安富インターで休憩したあとは高速道路をまっしぐら。西宮北、宝塚バス停とほぼ定時に停車しました。中国道名物ともいえる宝塚トンネルのじゅうたいもそれほどでもなくバスは気が付いたら阪神高速道路へ。大阪市内中之島だなぁ...とかおもっているいちに湊町〜OCATバスターミナルにはほぼ定刻の20時過ぎに到着しました。

若桜鉄道からなら郡家経由スーパーはくとともそれほどかわらないかんじで大阪まで帰ってこれくことに驚愕!若桜までならなんと往復3200円で鳥取までの〜んびりしにいける癒し旅でした。欲を言えば割引対象が若桜経由便1日2往復で大阪から日帰りはできなくもないけれど滞在時間の少なさから宿泊必須のバス旅行。安く行けるんだから泊まって行ってねって設定(若桜鉄道山田社長談)だとおもうことにしましょうか。

鉄道コムで「若桜鉄道 1600円バス」を検索
posted by Kissy at 16:39| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 地方鉄道活性化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック