WILLER TRAVEL

2017年06月11日

【地鉄夏ダイヤ2017】J最終日、平日ダイヤもチェック

DSC09462.JPG富山地方鉄道2017夏ダイヤ視察4月編は3日間、平日ダイヤもチェックします。平日ダイヤで気になるのは...久しぶりに復活した越中荏原行きや上滝線の朝運用?朝ピークも当然ですが昨年から運行されている白3連事100020形と増結車の非ワンマン3連運用です。ほぼ全車両がワンマン運用となり通常は平日朝のみの運行となっていた観光列車以外の3両編成が北陸新幹線対応で増発され平日昼間にも運行が復活しましたが2017年夏ダイヤではどうなっているのか?前日チェックした土曜休日ダイヤでは昼間運行はないようでしたがいかに...?


ってことで地鉄チェック3日目は上市・岩峅寺までの観光フリーきっぷを使い朝ラッシュをちらり観察、宿に戻り遅めの朝食タイム。(この時期はアルペンルート観光の方が多く朝早い方がバイキング会場が混むのです...。)チェックアウトタイムギリギリまでモバイル機器の充電をして地鉄に乗車します。電鉄富山駅から適当に電車に乗り稲荷町チェック...。稲荷町車両センターにて白3連は朝ラッシュ運用を終え定位置にてパンタあげてお休み中。上市運用には入りそうですね...。ってことで適当に沿線お散歩です。


ってことで適当に上市行きの時間に新庄田中駅に向かうと...上市行き1033列車にて175を先頭に3両編成が到着。動き出したらチェックは簡単ですね...。
電鉄富山1250(1033)1316上市1327(1034)1352電鉄富山1400(1329)1438岩峅寺1444(1328)1522電鉄富山1530(1333)1610岩峅寺1619(1334)1656電鉄富山
一部ツイッターのフォロワー様に補完していただいた情報も含めて4月17日はこのような運用で流れておりました。

ダブルデッカーエキスプレスから始まった地鉄沼ですが10030形だけではなく地鉄オリジナルの形式にも魅力がいっぱい。そして北陸新幹線のアクセス路線としてますます変化していく富山地方鉄道、まだまだ見逃せませんね。



posted by Kissy at 12:25| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 富山地方鉄道2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック