WILLER TRAVEL

2017年12月19日

【京阪特急】プレミアムカーに乗るっ!その1〜プレムアムカー券購入

DSC_0736.JPG2017年8月20日華々しくデビューした京阪特急プレミアムカー。燦然と輝く京阪特急のページに新しい歴史が刻まれました...と書くと大げさなのかなぁ...。京阪沿線に生まれ育ち、時々沿線外に転居したりもしましたが、そんなオジサン鉄道ファンにとって京阪特急ってブランドは特別。しかし停車駅の増加とともに混雑が激しくなってきたのも現実、そんな京阪特急に指定席車が連結されることになりました。その名は「プレミアムカー」。地元民としてはとても気になる存在、さっそく試乗してきました。

プレミアムカーデビューの日は小松・土居原ボンネット広場でイベントのお手伝いがあったので帰路、京都駅から七条駅まで徒歩連絡。七条駅から枚方市駅まで利用しました。七条駅(大阪方面ホーム)の有人改札口にて「プレミアムカー券」を購入します。駅員さんに枚方市駅までプレミアムカー1枚と伝えると端末を操作、その時点の空席を座席表をみながら伝えてもらえます。座席表には窓割の記載もあるので車窓が気になる方は座席表を吟味して...とはいえ夜間なのでここは適当に車両中間あたりの座席を発券してもらいました。

ホームに入ると該当する特急のほぼ5分前くらい。全特急列車にプレミアムカーがつくわけではないのでなんというベストタイミング!ホームでドキドキしているとあっという間に見慣れた8000系特急車「エレガントサルーン」が到着しました。しかし大坂方3両目6号車には真っ赤な車体に黄金の装飾の「プレミアムカー」が威風堂々と連渇されているではありませんか(笑)。プレミアムカー券を手に私も威風堂々とプレミアムカーに乗り込みました。

車内に入るとさすが運転開始日、3列シートの車内窓側席はほぼ埋まり通路側も空席のほうが少ない状態。指定された座席に着席します。従来だと七条駅からだと特急の窓側席着席はほぼ無理なのでこれだけでも価値がありますね...。京阪特急初?のリクライニングシートに着席まずは座り心地を確かめます。小松からの帰路の乗車した681系(しらさぎ)、N700系(ひかり)の普通席よりは格段にゆったりとしています。プレミアムカー=JRのグリーン車という位置づけなのか???従来の8000系エレガントサルーンの普通席は転換クロスシート。これにさらに特別料金を支払ってまで乗車してもらうにはこれくらいのグレードが必要なんでしょうね...。

(Part2へ続きます)
鉄道コムで「京阪特急プレミアムカー」を検索
posted by Kissy at 18:22| 大阪 ☀| Comment(0) | 京阪2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。