WILLER TRAVEL

2017年12月26日

【アルペンルート2017】06.ロープウェイで黒部ダムを一望

DSC_0022.JPG大町側から立山黒部アルペンルートを攻略中。黒部ダムからケーブルカーで黒部平に到着しました。黒部平は標高1828mに位置するケーブルカーとロープウェイの乗換駅です。駅外には庭園がありここから見上げる雄大な連峰を眺めることができます。この日(11月初旬)は若干の積雪も見られ秋というよりも冬の入り口という雰囲気の庭園です。

黒部平駅はケーブルカーの駅として、そして2本の鉄路のある駅としては日本一標高の高いところなんだそうです。因みに鉄道駅としての日本一標高の高い駅は同じアルペンルート内にある立山トンネルバス(トロリーバス)室堂駅だそうです・

ケーブルカーに引き続きロープウェイに乗車します。立山黒部ロープウェイは途中に支柱のない「ワンスパンロープウェイ」。ケーブルカーと同様途中に構築物がないのは自然環境保護と、雪対策のため。その副産物?として上に見える連峰と下に見える黒部ダム、黒部湖の雄大な眺望があります。中間地点の反対側のロープウェイとの離合も乗り物マニアとしては見逃せませんね。

黒部渓谷の景色に見惚れているうちに大観峰駅に到着です。大観峰駅は断崖絶壁にせり建つ場所。屋上からはアルペンルート屈指の黒部湖の眺望です。黒部平よりも標高も上がってき、展望台には20p程の積雪がありました!!!

鉄道コムで「立山ロープウェイ」を検索
posted by Kissy at 18:31| 大阪 ☁| Comment(0) | アルペンルート2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。