WILLER TRAVEL

2018年01月26日

【アルペンルート2017】18.雪の高原バス

DSC09825.JPG除雪のため運転見合わせになっていた高原バス、ケーブルカー始発便の7時になっても除雪は終わらずに7時のケーブルカーは業務列車として登っていきました。売店を3周ぐらい見て(笑)見飽きたころに構内放送「立山道路の除雪が終了したので運転開始します、7時のケーブルカーの整理券をお持ちの方から改札します。」との声に改札に行くもみなさんのんびりとしたご参集でおそらく2便目の方と同じ便で美女平まで登りました。

美女平駅では「高原バスはすぐに出発します」とのことだったので高原バス改札へ、この日の高原バスもなかなか良い席(助手席側先頭部)に着席することができました。結局ケーブルカーは約40分遅れ、高原バスは接続時間を吸収して15分遅れでの出発となっています。

美女平あたりは前々日のアルペンルート往路と変わらない晩秋の風景でしたが弥陀ヶ原あたりから路面に雪が!!!途中ランクル(業務用?)が落ちてました...。天狗平〜雪の大谷あたりはほぼ圧雪状態で高原バスというよりスキーバスの様相です。立山駅で長々と足止めを食らったような雰囲気でしたが、室堂ターミナルには初発便ルートとほぼ変わらない時間に到達することができました。

大雪の室堂ターミナル、富山市内で仕入れてきたスノーシューズのおかげでみくりが池に到達することはできましたが雪のためとうぜん立山連峰は見えません...。大雪のみくりが池もそうそう拝めるものでもないと思うのでよしとしときますか...。

鉄道コムで「立山黒部アルペンルート」を検索
posted by Kissy at 20:06| 大阪 ☁| Comment(0) | アルペンルート2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。