2018年08月26日

【富山地方鉄道】ダブルデッカーエキスプレス5周年

DSC_0281.JPG2013年春、京阪電鉄から惜しまれつつも引退した8000系(30番台)特急車。京都方先頭車はくずはモールでデジタル静態保存され、中間のダブルデッカー車はなんと富山地方鉄道へ譲渡。先に富山で活躍している10030形に組み込まれ観光列車「ダブルデッカーエキスプレス」として再デビュー、8月25日で富山デビュー5周年をむかえました。

運用開始当日はセレモニーとともに関係者に公開されデビュー記念のお披露目臨時列車が運転されました。営業運転が始まると当初は朝の立山行き特急、午後からは宇奈月温泉行き特急へと充当され平日朝ラッシュの上滝線運用とあわせて富山地方鉄道全線で活躍していましたがここ数年は立山黒部アルペンルートへの需要増大なのか?アルペンルート開通時期は立山線特急列車を中心に活躍しています。

朝ラッシュの輸送力列車では地元の方達に、アルペンルートや宇奈月温泉への特急列車では北陸新幹線でやって来た観光客の足として活躍しています。

両端の先頭車はそろそろ京阪時代より富山での車歴が長くなってきたような???そんな10030形は地鉄の再大勢力として他の元3000系〜富山地方鉄道10030形としてまだまだ活躍していくことでしょう。

鉄道コムでダブルデッカーエキスプレスを検索
posted by Kissy at 04:50| 大阪 | Comment(0) | 富山のダブルデッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。