2018年10月21日

【2018春の富山2】01.珍しいルートで北陸へ...

DSC_1093.JPG2018年春の富山旅そのAです。4月、アルペンルートの開通日に地鉄新ダイヤを見に行ったばかりだというのに5月、またまた富山への旅です。今回はとある掲示板主催の地鉄のさらなる深みにはまる企画にお呼ばれされたので即参加表明、今回は地鉄を中心に巡るためサンダーバード1号での富山行きです。4月の富山、小松への旅で高槻ルートを開拓したのですが早朝の枚方高槻ルートのバスのダイヤがあまりよろしくなく、また北陸乗り放題切符の高槻発の設定もないので大阪発でのサンダーバード1号での旅立ちとなりました。

サンダーバード1号は大阪駅発6時30分。北陸新幹線金沢開業の翌年のダイヤ改正で従前の7時10分発から6時30分発と7時00分発が繰り上げ、増発されています。北陸新幹線が金沢まで開業されてからなぜか反対方向のサンダーバードの混雑にも拍車がかかり12両編成に増結される日数、本数も増えているような気もします。最近では外国人旅行客の姿も増え関西〜北陸〜首都圏と周遊する旅行客も増えているのでしょうか?(明確なデータは持ち合わせていませんので日ごろからサンダーバードに乗っている「イメージ」からの推測です。)

繰り上げ、増発されたスジ(運転時刻)のため湖西線内はまったりと走っていますが、流して走っている分乗り心地は快適ですね。近江塩津で米原からの湖西線と合流、ポイントとトンネルを過ぎて新疋田を通過するころに早くも敦賀到着の自動放送が鳴り始めます、金沢での新幹線への乗り継ぎ対策なのか?駅到着放送がかなり早いタイミングではいるようになりましたね。

北陸本線を超えて福井駅では越美北線の臨時快速列車の乗換案内が!キハ120の快速列車、越前大野〜九頭竜湖間の線形のいい区間なんかちょっと乗ってみたい魅力的な臨時列車ですね...。ですがきょうはまだまだサンダーバードの乗客です。

鉄道コムで「サンダーバード1号」を検索
posted by Kissy at 18:05| 大阪 ☀| Comment(0) | 富山2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。