2018年12月02日

【地鉄祭り2018】02.注目の2駅に早月川橋梁

DSC09527.JPG地鉄フェスティバル2018前夜祭の臨時列車は白い3両編成で地鉄本線をひたすら東北東へ向かいます。最初のイベントは西魚津駅。西魚津駅はその駅舎のたたずまいが多くの写真家さんのお気に入りのようです。臨時列車はここで一旦方向転換し西魚津〜早月加積間を2往復します。参加者はいったん下車して臨時列車の撮影ができるというスケジュール、そして2往復目は1駅手前の越中中村駅でも停車。映画「未来のミライ」のモチーフとなった越中中村駅、そして駅間にある早月川橋梁での撮影も可能です。

西魚津駅で下車して、それほど余裕時間もないので早月川橋梁に向かいます。これは10033-10034が特急色になった頃地鉄が舞台になった映画「Railways〜愛を伝えられない大人たちへ」を参考に撮影地を歩き回ったのが役に立ちました。早月川橋梁ではこれまでに見たことのないくらいの晴天が広がりなかなかいい感じの白3連を撮影することができました。

しかしそんな時間の余裕はありません。早月加積からの下り列車を撮影すると越中中村駅へ急ぎます。途中川のたもとで早月加積駅からの2往復目に追いつかれ越中中村駅について一息ついているころにはお迎えの臨時電車が到着ました。

越中中村駅で小休止の後電車は西魚津駅へ移動、対向列車をまちふたたび宇奈月温泉への旅は始まりました。宇奈月温泉でも企画は盛沢山、ここで電鉄富山駅エスタ地下のスーパーアルビスで買ったお昼ご飯をいただきました。

鉄道コムで「早月川」を検索
posted by Kissy at 08:42| 大阪 ☀| Comment(0) | 地鉄イベント2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。